ソフトウエアジャパン2019


 09:30 ~ 17:30

情報処理学会では、ITプロフェッショナル(実務家)のためのシンポジウムとして、2004年度から毎年度「ソフトウエアジャパン」を開催し、多数の企業・大学等から多くの方にご参加いただいております。昨年度開催いたしました本シンポジウムでは、延べ643名のご参加を頂きました。

本年は、「ビッグデータ、IoT、AI でプロフェッショナルを生き残れ」をメインテーマに、データ関連3技術分野の専門家をお招きして、現在の実務家にとっての3技術の価値とその付き合い方を理解するための講演をしていただきます。 基調講演には群馬大学の小木津武樹准教授をお招きし、神戸市で行われた「ラストマイル自動運転移動サービス」の実証実験の報告をいただきます。一日を通して行われるセッションでは、ビッグデータからはビジネスへの展開や新規分析プラットフォームについて、IoTからは高度IoT技術学習と人材育成について、AIからは機械学習システムの開発・運用、生産性や品質の向上に関する講演をいただきます。また、パネルディスカッションでは司会に株式会社Preferred Networks Fellow 丸山宏氏をお招きして、データ関連3技術に関する議論を企画しています。

また、本シンポジウムでは「ITフォーラムセッション」を設け、専門課題を議論する場を設けます。

データ関連3技術は、想像を超えて各種業務を変革しています。ビッグデータ、IoT、AIを積極的にご自身の専門に取り込むことでプロフェッショナルを生き残る戦略策定を本シンポジウムはお手伝いします。

本イベントは、CITP『CPDプログラム受講証明書』発行対象イベントです。

  会場 学術総合センター ・一橋記念講堂会議室
  開催日付 2019年2月5日
  開催時間 09:30 ~ 17:30
  入場料

無料(事前登録制、有料セクションあり)

  公式ホームページ
  主催者 一般社団法人情報処理学会
  カテゴリー IT/ハイテクノロジー, 説明会/セミナー

イベントの最新情報をお届けします!(最大月1回配信)

 学術総合センター ・一橋記念講堂会議室

Google マップで開く

住所:

日本、東京都千代田区一ツ橋2−1−2

See more events here »